ミシン

ティシャツはデザインも大切ですがサイズを確認するのも重要です

こだわりのTシャツ

洋服

オリジナルtシャツを作成する時は、専門の業者へ依頼します。実店舗を構えた所と、工場のみを運営していてインターネットでのみ注文を受け付けている所があります。実店舗の場合は実際にシャツを確認することができ、インターネットで注文する業者は価格を安く提供しています。

詳細

サイズをしっかり確認する

女性

印刷会社にティシャツの作成依頼をする時に、まずはデザインを考える工程がありますが、その次にサイズやティシャツの種類を選ぶ必要があります。オリジナルティシャツのサイズを測る時は、一般的に4つの項目をチェックします。まずは身丈、または着丈です。正面から見ての肩からの長さが身丈になります。逆に着丈とは、背中から見て、首の付け根から測った長さのことをいいます。その次に肩幅です。肩幅のサイズを測る時は背中から測りましょう。次に身幅です。身幅というのはシャツの幅になります。少し余裕を持ったものから、ピッタリと身体にフィットする物があります。そして袖丈になります。袖丈の測り方は、腕の付け根から測っての長さになります。ティシャツの種類によっては、日本製とアメリカ製の二種類のティシャツがあります。市販のティシャツは、一般的にSサイズ、Mサイズ、Lサイズ、XLサイズなどの表記になっていて、業者に依頼するティシャツも市販されているものと同じように表記されています。しかし、ティシャツのメーカーによってはアメリカ製のメーカーの物もあるので注意が必要です。アメリカ製のティシャツは、日本製のものよりもワンサイズ大きめになっているので、日本製と同じようにMサイズを注文しても、そのティシャツメーカーがアメリカ製だった場合MサイズのつもりがLサイズ程の大きさになってしまう場合もあります。印刷会社にティシャツを依頼する時は、サイズもしっかりと確認をして注文しましょう。

クラスでアイディアを出し合う

女の人

様々なシーンに活躍するクラスtシャツは、ただ着るだけではなく、クラスでアイディアを出し合ってデザインを考えることで、団結力も生まれます。思い出にも残る一枚になるでしょう。手書きのデザインでも印刷業者へ依頼することもできるので安心です。

詳細

自分でデザインする

衣類

自分で考えたデザインのtシャツを作ることができます。tシャツとインクの色を、デザインの魅力を際立たせる物を選ぶのがポイントです。デザイナーが在籍している業者ではデザインの依頼をすることもできます。

詳細